2011年08月22日

年下の男性を落とす方法

「若い女性がタイプです!」という男性はよく目にしますが、その一方で「年上女性の方が好み!」という男性も少なくありません。では、男性はどんなときに年上女性を魅力的に感じるのでしょうか。

【1】困っているときに助けてくれるなど、頼りがいを感じたとき

「頼れる先輩としての尊敬が、恋心に変わったことがある」(20代男性)という男性もいるようです。ただし、何でも手助けしようとすると男性のプライドを傷つける恐れもあります。「一緒に頑張ろう!」など、協力する立場であることを強調し、自分からリードするつもりはないと印象づけましょう。

女性が強い時代です。男性をサポートするのも大切です

【2】共通の趣味が多く、自分が知らないような深い話までしていたとき

「『この人、自分の上を行ってる!』と思って、もっと相手を知りたくなる」(20代男性)など、プライドを刺激されることで年上女性に興味を覚えるケースもあるようです。男性と共通の趣味があった場合、自慢にならないように注意しながら、豊富な知識をアピールしてはいかがでしょうか。

知性をアピールしましょう

【3】「年下のあなたに分かるわけない!」などと言わず、困ったら自分を頼ってくれるとき

「年下だけど信頼されている気がして、相手が気になり始めた」(20代男性)という理由で年上女性にキュンとする男性もいるようです。年下であることを負い目に感じがちな男性でも、「あなたは頼りになる」といった一言を添えると、心を開きやすくなるでしょう。
【4】仕事の失敗で落ち込んでいたら、笑顔で励ましてくれたとき

「母親のような母性を感じて、年上っていいなぁと(笑)」(30代男性)など、励まされたことがきっかけで年上女性に魅力を感じるようになった男性もいるようです。ダメな点が目につく悩み相談であっても、包み込むような懐の深さで受け止めてあげると、男性が安心して気持ちを寄せてくれるでしょう。

基本的に「弱っている」時は恋愛においてチャンスです
やさしさをアピールしましょう


【5】普段、年上としてしっかりしているのに、2人になった途端、弱いところを見せられたとき

「ギャップに惹かれた」(20代男性)など、年上女性の弱い一面に惹かれる男性もいるようです。ただし、グチっぽくなったり、怒りっぽくなったりするのは悪い印象を与えるので要注意。「実はプレッシャーに弱い」など、意外とモロい一面を見せると、男性の支えたいという気持ちをかき立てられるでしょう。

例えば、二人で食事をしたときに、酔った感じを出すことで、男性は色気を感じます

【6】飲み会の帰りなどに、「今日送ってー!」と年下の女の子のような一面を見せられたとき

「後輩ではなく男として見られているように感じた」(20代男性)など、年下の女の子のように甘えてくる年上女性に魅力を感じる男性もいるようです。ただし、「送ってよ!」と強い口調で言ってしまうのは×。友人同士のようなテンションで口にするようにしましょう。

5番目のと併用しましょう


【7】手を洗った後に素敵なハンカチを差し出してくれるなど、気品溢れる行動を見せられたとき

「気品があって、気が利く大人の女性に憧れを感じる」(20代男性)という理由で年上女性にドキドキする男性もいるようです。行動のさりげなさが男性に奥ゆかしい印象を与えるようなので、ゆっくりと上半身を傾けてお辞儀をしたり、両手を添えてグラスを持ったりするなど、日頃から気品溢れる行動を心がけましょう。

年下に限らず、品のある行動は男性に好かれるための最低条件です

【8】弱音やグチを包み込むように聞いてくれるなど、安心して相談できるとき

「何でも弱みを見せられる相手って本当に貴重だと思う」(20代男性)というように、自分よりも豊富な経験を積んでいる年上の女性には、悩みを打ち明けやすいと考える男性が多いようです。「私、男の人の相談に乗るのが好きなの」などと言えば、悩みや弱音をさらに話しやすくなるでしょう

                                  参考元:スゴレン

posted by クリオネ at 18:05 | Comment(0) | 女子力アップのための恋愛テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

男性が「もう告白せずにはいられない!」と気持ちを抑えられなくなる瞬間

【1】1度デートした後、次のデートの誘いにも応じてくれたとき

「女の子って、気がない男性でも1度くらいはデートに応じると思う」(20代男性)など、2度目の誘いにOKしてくれたら脈アリと感じて告白を決意する男性もいるようです。気になる男性とのデートの別れ際には、「次も誘ってね」と2度目をうながす一言を忘れないようにしましょう。

草食系の時代です
女性からも積極的に動きましょう


【2】仕事がとにかく順調なとき

「仕事が波に乗ると、男としての自信も湧いてくる」(20代男性)など、頼れる男性としての自覚が、女の子に告白しようという気持ちを後押しすることもあるようです。「会社の中であなたの存在って、とても大きそうだね」などと頼りがいを認めてあげることで、男性の自信が深まり、告白へ意識が向くのではないでしょうか。
【3】上目遣いにキュンとするなど、好きな人のしぐさに気持ちを抑えきれなくなったとき

「何気ないしぐさにキュンとするようになったら、もう限界」(20代男性)という理由で告白を決意する男性もいるようです。男性の表情などからツボにはまるしぐさを分析し、1日に2回を限度に実践すると、「おっ」という表情でテンションを上げる姿を見られるかもしれません。
【4】男友達が多いなど、ほかの男性に取られてしまう可能性を感じたとき

「先に告白されて、彼女がOKしたら終わりだから」(10代男性)など、ライバルの脅威を感じたときに、告白を決意する男性もいるようです。「週末にA君に飲みに誘われてるんだけど…」など、ほかの男性からの誘いをほのめかすと、意中の男性のライバル心に火を付けられるのではないでしょうか。
【5】よく肩に手を触れてくるなど、スキンシップが増えてきたと感じたとき

「『もう、付き合っているのと一緒じゃん!』って思うから」(20代男性)など、親しさを確信するあまり、告白を決意する男性もいるようです。自然にスキンシップを取りながら、「恋人みたいだねー」などと言えば、男性に「彼女も自分と同じ思いを抱いている」と思わせることができるのではないでしょうか。
【6】手をつなぎたくてもつなげないなど、友達という関係性にもどかしさを感じたとき

「もっと近づきたいという思いが強くなって」(20代男性)など、友達同士という関係に限界を感じて告白を決意する男性もいるようです。「私、彼氏とはベタベタしたいタイプなの」などと言えば、男性の「早く恋人関係になりたい」と思う気持ちをさらにかき立てられるでしょう。
【7】仕事などが手に付かなくなるほど、好きな子のことを考えるようになったとき

「いろんなことが手に付かなくて生活できなくなるから(笑)」(20代男性)という理由で告白を決意する男性もいるようです。「誰かに話すと楽になることってあるよね」などと伝えると、もはや告白しか選択肢がないことを実感してもらえるでしょう。
【8】好きな女の子が、「◯◯君、彼女いないんだ! やった!」と喜んでいるのを見たとき

「このリアクションを見たら、『イケる!』と思う」(20代男性)というように、女の子の好意が明らかになったことを受けて告白を決意する男性もいるようです。ハッキリ「好き!」と本人に告げずに、それとなく耳に入るようにしておくと、男性が「自分から言おう」という気になるでしょう。
【9】恋愛相談した友人に「すぐに告白した方がいい!」と背中を押されたとき

「冷静にアドバイスを受けたら、今しかないと思えた」(20代男性)というように、客観的な分析に後押しされて告白を決意する男性もいるようです。気になる男性と共通の友人がいる場合は、根回しして協力してもらうといいでしょう。

posted by クリオネ at 13:58 | Comment(0) | 女子力アップのための恋愛テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。