2011年05月29日

男をドキっとさせる、モテ女のヘアスタイル術

人間は、自分が持っていないものや身に付けていないものへの憧れが強いといいます。

例えば日本人は、ゴールド色になびく美しいブロンドの髪に憧れます。
髪の毛を茶色や金色に染めたりするのも、単に印象を明るくするだけではなく、西洋への憧れが影響しているといえます。

一方、欧米人にとって、日本人の持つ艶やかな黒髪は憧れの対象となります。
彼らからすれば、わざわざこの美しい黒髪を染めてしまうのは「もったいない」と感じるのです。

それでは、これを男女の例に当てはめて考えてみましょう。私たち女性は、ロングヘアの男性を好む人もいますが、多くの場合「短髪」ですっきりと清潔な人を好む傾向が強いといえます。
これは、女性にはなかなか真似できない髪形への憧れが、潜在意識の中に埋め込まれているからです。

これとは対象的に、多くの男性が「自分にはないもの」、つまり長くて美しい髪の女性に惹かれることが多いのです。
しかしここで重要なのは、ただ長ければ良いというものではないということです。
長い髪は、場合によっては重苦しい印象になってしまったり、手入れをしていないように見えてしまったりします。

モテ度をアップさせるためには、自由自在に自分の髪をアレンジし、会うたびに「あれ?何か雰囲気変わったな。」と男性に思わせることがポイントなのです。
そのためにはまず、自分の髪質を知ることが大切です。
自分の髪はストレートなのか、ウェーブしているのか、あるいや太い、細いなどの基本を踏まえ、美容師さんに日常使いできるヘアセットの方法を尋ねてみるのも良いでしょう。

そしてワンランク上の、モテ女が実践しているヘアスタイル術とは、「バリエーション」「帽子」「コサージュ」の3つがキーワードとなります。

先ほども、会う度に男性に「あれ?」と思わせるのがポイントだとお伝えしましたが、いつも同じ髪型でいるのではなく、ハーフアップにしてみたり、コテを使って巻き髪にしたり、自分なりのアレンジ方法をいくつも知っておくことが重要なのです。

しかし、毎朝の忙しい時間に何十分もかけて髪型をセットするのはなかなか大変ですよね。
それに仕事や学校では、あまりアレンジしすぎの髪型では周りから浮いてしまいます。

そこで役立つのが、「帽子」と「コサージュ」の2つのアイテムです。
合コン前やデート前などに、さっとこれらのアイテムを取り出して、コーディネートしてみましょう。
特に、コサージュの場合には、小さくてかさばりにくいので、鞄の中にしまっておいても全く問題ありません。

コサージュは、女性を華やかにもお洒落にも演出してくれます。
特に、白やピンクなどの派手な色のものではなく、自分の髪色に合わせた、黒やブラウンなどの色を取り入れると良いでしょう。
さりげないお洒落さは、モテ女へのちょっとした近道になります。http://www.okajukyo.com/p04.html

[クラッセ コローレ] リボン付ウェッジソールサンダル
Classe Colore(クラッセ コローレ)
売り上げランキング: 6054


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。