2011年05月30日

顔痩せ(かおやせ)の方法

全体的なダイエットをした場合、痩せやすいところと痩せにくいところがあるのをご存じですか?

痩せやすい順番は、

1,お尻、腰

2,お腹まわり

3,バストの下

4,太もも

5,首の後ろ、二の腕

6,ふくらはぎ、足首

7,あご、頬

で、一番目立つ顔がいちばん痩せにくい部分なのです。そんなわけで特に、部分痩せとして、顔痩せを希望される方が多いです。そこで手っ取り早く、そこの部分の脂肪を引き締めて、見た目だけでも小顔になれるような顔痩せの方法をいくつかご紹介します


★二重あごの解消とあごの下のたるみを取る方法
鎖骨の突起の骨下あたりに両手を重ねて置き、手で押さえた皮膚を少し下に引っ張るようにしながら顔は上を向きます。顔を上に向けたままゆっくりと、この手で押さえた部分を引っ張ります。これをゆっくり10回ほど繰り返すと、あごの下がかなりすっきりし、顔痩せ効果が分かります。思い出したときに、何度でも繰り返しましょう。

★顔のむくみ、たるみを取るための血流マッサージの方法
リンパ液が滞ることが顔のむくみ、たるみの大きな原因となります。顔痩せするためには、リンパ腺の流れを知り、それを促す方向でぐいぐいとリンパ液の流れを良くしましょう。これで、溜まっていたリンパ液がスムーズに流れ、顔痩せに効果があります。


そのほかにも顔痩せをする方法はいくつかありますが、わずか数秒でできる矯正法ばかりです。この顔痩せ方法を1通りやれば、速攻で効果が現れて、1週間も続ければ頬、アゴの余分な脂肪は取れ、目の回りのむくみが解消されます。また目の回りの小ジワの解消にもつながります。 http://bubunyase.taro3.net/2007/02/post_14.html

TESCOM マイナスイオンヘアードライヤー ピンク TID902-P
TESCOM (2009-03-01)
売り上げランキング: 181



当然小顔の方が好まれます
今日も女子力強化できましたね

【女子力アップのためのダイエットの最新記事】
posted by クリオネ at 17:52 | Comment(1) | 女子力アップのためのダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エントリと無関係なコメントですが、
私のブログを訪問していただきましてありがとうございます。

お申し出の相互リンクの件は承知いたいました。ただ、movabletypeでは、ページにリンク先を記載しますのでトップページにはなりません。
トップページからは「link」を辿ってください。
Posted by 夏美 at 2011年05月31日 06:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。